【亭主論】アラフォー共働きオヤジの育児と趣味のブログ

家族・子供・ガレージ・旅行、アウトドア、サーフィン、クルマ、アップル製品、占いなど、ミーハーな宮(きゅう)さんが日々感じたことを綴っていきます。

読書感想:声トレ

おはようございます。きゅうさんです。

今日は読書感想『声トレ!』です。

 

 

家族と話すとき、
仕事の交渉相手と話すとき、

相手が心地よいこと感じる声なら好印象です。
声が良くて怒られるということはありません。

アメリカの心理学者が提唱した『メラビアンの法則』によると
相手の情報が少ない場合、どれを優先して判断するかというと、
「声の質、口調など」が38%、「話の内容」は7%と
内容よりも声質の方が上回るそうです。

どうやってモテ声になれるか?
モテ声を手に入れることができるのか?
を紹介している本です。

カンタンにできる内容が紹介されているので、
自宅でもできる。

ただ、書籍内で毎日8分間の声トレを推奨していますが、
続けていくには、ハードルがやや高いと感じました。

同著者(秋竹朋子氏)の
『「話し方」に自信がもてる 1分間声トレ』という
タイトルの本が出版されています。

8分って毎日やるとなったら、
億劫に感じてしまう。

しかし1日1分なら無理なく、面倒くさがりやなボクでも
小さな習慣として身につけることも可能なはず。

ということで、
1分声トレの書籍を購入して、
読書感想を紹介したいと思います。

それじゃまた。