オヤジの”子連れ旅行”行ってイイですか?

素人ガチドキュメンタリーです。子育てで大切なコトは”旅行”で学んだ‼︎アラサーオヤジの管理人”きゅうさん”が、旅行や遊びを通じて得た知見を、同士であるアナタの育児にほんの1ミリだけでも役立てば幸いです。

小波式サーファー

おはようございます。きゅうさんです。

今日はオッさんが、サーフィンするときには、
小波が良いの話です。

サーフィンって、波に乗れたら、
一体感を感じれて、

「海と一体化してるー!
 オレってスゴくない!?」

という感じで、自己満足に浸りながら、
ひたすら波待ちしているわけですが。

会社が休みのときには、

「キミさー、今月のノルマどうやって達成するわけ?
 根拠はあるの?」

「ハ、ハイ、、頑張ります。」

上司からのパワハラまがいの発言や、

お客さんからのクレームで、
胃の痛みがとまらず、
太田胃散が手放せなくなったり、

そんなツライ毎日やってられませんよね。

そんなときは、趣味に没頭したいわけです。

日頃あったイヤなことを、
すべて洗い流すように、波に乗りたいんです。

そのときに無理は禁物。

家庭があるオッさんはムリしてはいけません。

波にのまれて、
サーフボードが頭にぶつかって全治1ヶ月の入院。

海の流れが強い場所で、波待ちしていたら、
沖まで流されて遭難。

救助隊に助けられ、コテンパンに叱られる。

会社勤めに支障がでるようなことは
してはいけないんです。

仕事がないと、お金を稼げない、
家庭崩壊のリスクがあるから。

ホントウなら、サーフィンなんてやっては、
いけないのかもしれません。

でも諦められない。20代の頃にやっていた、
あの波にのる感覚が忘れられない。

やるなら小波に乗りましょう。

ビッグウェーブに乗りたい!

べつにムリする必要ないんです。

小波にのる、ロングボードに乗る。

もしくはSUP(Stand upパドル)でも
楽しめるはず。

いっときの快楽じゃなくて、
生涯をかけて守るのは『家族』だと
思う、オッさんサーファーの駄話でした。

それじゃまた。