【亭主論】アラフォー共働きオヤジの育児と趣味のブログ

家族・子供・ガレージ・旅行、アウトドア、サーフィン、クルマ、アップル製品、占いなど、ミーハーな宮(きゅう)さんが日々感じたことを綴っていきます。

オススメ絵本と選びかた

 

おはようございます。きゅうさんです。

 今日は子ども向けのおススメ絵本と、

本の選びかたについて紹介します。

 

子供が成長するにともなって、
興味を持つ本はかわってきます。
個人的なオススメですが、

1~3歳までの年齢別です。

 

1歳のころ、

2歳のころ、

3歳のころ、

 図鑑

動物や乗り物などに興味を持ちはじめているので、

 

時計の針を動かして遊ぶ本

ティモシーとサラ

 

年齢ごとに興味をもつ本はかわってくるので、

 

読み聞かせする本すべてを、
購入するのは、
お小遣い制の父親の、
懐事情としては、正直キビシイです。

 

たくさんの本を子供が読むことができて、
なおかつできるだけお金の支払いは
少なく済むオススメの方法をご紹介します。

 

父親は、毎月の小遣いを減らさず、、
子どもは絵本をたくさん読める。

親子ともにWin-Winの関係がす。

 

どうやったらいいのか?

 

他の記事でも
紹介したかもしれませんが、

 

1,子供と一緒に地域の図書館に、
  本を借りにいく

図書館は子供向け、
もしくは大人でも利用しないのは損です。

タダで好きな本が借りて読めるんですから。

 

読みたい本を予約するサービスや、
本の在庫なければ、他の図書館から取り寄せ、


もしくは新刊の場合は
希望を出せば購入して在庫に
取り入れてくれることもあります。

 

子どもに好きな本を選んでもらい、
借りて本を読む。

 

読み終わったら返却する。

税金で賄われてるわけですから、
使わないと損です。

 

さらに、読まないで本棚に飾ったままの本を
増やさないので、非常にエコなシステムですよね。

 

2,子供が何度も読む、お気に入りの本を
  中古で買う

図書館で借りてきた本のなかで、
子どもが気に入った本だけを、
買えば、図書館の本の返却日を気にすることなく、

子供と一緒に、楽しく絵本が読めます。

 

ただ買うときも書店で買うよりも、
中古の本で十分かと思います。

 

ここは考えかたによると思いますが、

いくら気に入ってる本でも、
年齢があがるにつれて、興味がある本は変わります。

なので、次の年には読まない可能性は大です。

 

定価で買うより、amazonの中古本、
もしくはメルカリなどのフリマサイトで、
中古で安く出品されてることがあります。

 

その安い本を買うのが節約しながら、
子どもの知見も広げれるのではないでしょうか。

 

ぜひ、子育て中には取り入れてもらいたい
本の読みかたのススメです。

 

父親は子どもと触れ合う時間って、
少ないので、絵本を読んだりするのって、
貴重な時間ですよね。

 

それではまた。