【亭主論】アラフォー共働きオヤジの育児と趣味のブログ

家族・子供・ガレージ・旅行、アウトドア、サーフィン、クルマ、アップル製品、占いなど、ミーハーな宮(きゅう)さんが日々感じたことを綴っていきます。

保育園の工作の保管した行く末

おはようございます。きゅうさんです。

 

子供が保育園で作ってた、

折り紙やら、お絵描き、粘土、

 

芸術家の素質があるかなんて、

到底分かりませんし、

 

大人には理解できないような、

想像越えるモノを作って、

「あぁ、子どもってスゴイな!」 

と親バカっぷりを発揮しながら、

 

愛する我が子の作品だから、

とっておこう!

 

と、工作のすべてを保管してました。

 

アナタの家ではどうしてますか?

 

ほとんど毎日のように作品が増えつづけて、
置き場所に困ってきました。

 

せっかく子どもが一生懸命作ったんだから。
作ってる子供の顔を思い浮かべると、
どうも捨てきれない。

 

それじゃどうすれば良いか?

考えたときに、出した答えが 


『写真を撮って保存する』です。

 

PC内に保存してもいいですし、

 

lineのアルバムで共有すれば、

カタチに残せます。

 

ただ、一生懸命つくった気持ちは尊重して、

工作を捨てるときは、

 

子どもが見ていないときに

コッソリと捨てましょう。

 

子どもが悲しむ姿は見たくないですからね。

 

それではまた。

 

f:id:hammock01:20170915075537j:plain