オヤジの”子連れ旅行”行ってイイですか?

素人ガチドキュメンタリーです。子育てで大切なコトは”旅行”で学んだ‼︎アラサーオヤジの管理人”きゅうさん”が、旅行や遊びを通じて得た知見を、同士であるアナタの育児にほんの1ミリだけでも役立てば幸いです。

まだ俺は本気を出してないだけ。。

「まだ俺は本気を出してないだけ。。」

あなたがほんの1ミリでも
この感情を抱いていたら、

また少しでも今の仕事に満足くしていないなら、
この文章を最後まで読み終えてください。

人生を変える答え、、、

とまえはいかなくても、
「きっかけ」くらいにはなるはず。

そんな大それたことを言えるのか?

ぼくの人生が大きく変わろうと、
いえ変えようとしているからです。

小学4年生のころ、放課後、
通っている小学校の片すみ

ひとりで、壁に向かい
キャッチボールの練習をしていた。

自分が投げたボールを父親
受けて欲しかったが、、
父は家にいなかった。。

両親が離婚したとか
そういう話じゃないが、

父は単身赴任で、
家にいることはほとんどなく、
別々に暮らしていた。

父親と一緒に入れる時間は、
年に数日だったと思います。

親は共働きだったので、
母親にキャッチボールを
頼むわけにもいかない。

友達が父親
キャッチボールしてもらった
なんて話を聞くと

うらやましく感じた。

自分の子どもとは一緒に、
キャッチボールをしてあげたい。
さみしい気持ちは感じさせたくない。

それから30年近く過ぎた今。

アラフォーになった自分も
子どもに恵まれ、父親の立場に。

今となっては、
単身赴任の父の気持ちもわかる。

寡黙な父だが、
家族のことを想い、一人暮らしで、
働いてくれた。

サラリーマンとして働いていますが、

平凡で普通すぎるサラリーマンが、
年を重ねるごとに、

「育児」「介護」「会社でのキャリア」
「住宅ローン」「退職金」「年金」

いろいろな悩みが山積みになってくる

会社の指示通り、業務をているが、
そこには安心感のようなものが感じられるが、

きっと、何かあったら
会社は守ってくれない。

もしも会社が倒産となったら、
社員すべてを守ってくれるはずがない。

中途退社や定年退職する人をみていて、
最近思う。

会社にとっては、社員を大切にするような
ワークライフバランスを奨励するが、
実際には、残業、残業、、

表面的な言葉をうのみにして
会社のためだけに働くさきには、

所詮、会社にとっては、
社員は1つの駒でしかないんだろう。

それならいっそ、開き直って、
駒としての役割を果たしつつ、

自分だけの生き方をしよう。


「残業するな!副業しろ!」

そう決意した。覚悟を決めた。



そんな瞬間が、、
あった。

大好きだったおばぁちゃん。



仕事が激務だったので、

休みをとって、
すぐに飛んで帰ることができず、



最後に一目見ることができず、、


大切な人への思いを優先できずに、
何のために仕事してるんだろう。。。

生きるために
欲しいものをいつから
諦めてしまったんだろう、、

今はインターネット、スマホタブレット
当たり前のように小学生でも

一人一台持っているのを見かける。

インターネットがない時代に、
副業をしようといっても限られていた
飲食店の皿洗いや、工事現場のアルバイト、
くらいしか選択肢がなかったけど、
 
メルカリで不用品やハンドメイドで
販売してもいいし、
 
イーベイで仕入れて、
ヤフオクで売ったっていい。
 
いきなり会社を辞めて
起業っていうリスクをとる必要はない。


どうやって手に入れるのか?
表のカオは、昼間は満員電車に乗り
会社通勤する、サラリーマン。

家に帰ると
妻と子どもに囲まれた生活をすごす、

アフターファイブは、
インターネットの世界で自由に波に乗って
自分らしく稼ぐ。

・世界中の波を探し、
 サーフボードをもって旅をする
・好きなSUVのクルマだけを集めた、
 オヤジたちの秘密のガレージをつくる
・家族だけでキャンピングカーで旅行する
・沖縄に隠れ家の別荘をもつ

考えるだけでワクワクする夢を
望んでることをもう諦めない。
すべて手に入れる。

ぼくが行動し続け、欲しいもの
手に入れつづけることを、
この記事を読んでくれている、
アナタへ紹介していくので、

あなたも成功したことを
取り入れてくれたら、成功は簡単なはず。
良いとこどりで真似すればいいだけだから。

成功を独り占めする気はないし、
一人で成功するより、
仲間が欲しいと思うから、

ほんの1分だけ目を閉じて
振り返って考えてみてください。

あなたの今は、
自らの力で行動しつづけ得た
「望んだ未来」ですか?
 
それとも
他人に依存したなりゆきの結果
「残酷な未来」でしょうか?

ぼくは、
アラフォーになるまで気づかず、
自分の気持ちをごまかして
生きてきました。

ほんの少しだけ、
気づくのに時間がかかりましたが、

現職に満足していない、
それなら自分らしく表現できて、
稼ぐことに挑戦してみたい。

まだ本気出していないなら、
自分が本当にやりたいことで、
本気出してみませんか?

f:id:hammock01:20170829082815j:plain