【亭主論】アラサー共働き家族(父)と2歳の子育て伸び伸びブログ

家族・子供・ガレージ・旅行、アウトドア、サーフィン、クルマ、アップル製品、占いなど、ミーハーな宮(きゅう)さんが日々感じたことを綴っていきます。

夫は仕事ができない…

おはようございます。きゅうさんです。

たまたまテレビをつけたら、
「夫は仕事ができない…」
という男性には厳しいタイトルの
ドラマがながれていたんですが、

トーリーは
理想の結婚への憧れ、イメージが強い奥さんと、
大手イベント会社で働く仕事ができない夫が、
妻の妊娠をきっかけに成長していくという
お話です。

よくありがちなパターンのお話だと
思いましたが、


職場の仕事がイマイチできていないと
感じているボクとしては、
少し励まされて、元気をもらえました。

自分だけじゃないんだという
安心感。

話が飛んでしまいましたが、
 
女性は小言が多いなぁと
男性のアナタは
感じたことがあるかもしれませんが、

言ってくれることは、
むしろ、感謝するべきだと思います。
(ときどきイラっとはしますが、
 それは的を得ている意見だからなはず。)

「困ったときに、
 親身になってくれるのは誰だろう?」

子どもの頃は、
親が力になってくれますが、

大人になると少し変わります。
一つの財布を共有している妻、家族は、
身近な一番の味方です。

なぜなら、
妻も夫の稼ぎが減らされて、
給料ダウンとなったら、、

妻:「当分、無駄な買い物、外出しないから!
   パパのお小遣いは半分カットね!」

ボク:「う、うん。わかったよ。」

自分の給料ダウンのせいなので、
決して「ノー」とはいえません。汗

仕事が「できる」「できない」は別として、

職場でどんな仕事をしているのか、
社内ではどんな人が働いているのか、
つまらないようなことも話しておくと、

困ったときは、高い確率で、
奥さんが相談にのってくれるはずです。

仕事ができないなぁ、、
と悩みを抱えていたら、

奥さんに愚痴でもいってみたら、
どうでしょう?

人に話すだけで、
気が紛れて、楽になりますよ。

f:id:hammock01:20170713082849j:plain