【亭主論】アラサー共働き家族(父)と2歳の子育て伸び伸びブログ

家族・子供・ガレージ・旅行、アウトドア、サーフィン、クルマ、アップル製品、占いなど、ミーハーな宮(きゅう)さんが日々感じたことを綴っていきます。

嫁姑問題勃発!

おはようございます。きゅうさんです。

嫁姑問題にどう対処するかについて
お話しします。

アナタならどっちの味方につきますか?

孫の顔を見たい実家に住んでいる親、

それに対して、

旦那の実家には帰りたくない妻


大人になるまで育ててもらった実の親と、
自分の大切な家庭を支えてくれている妻

どっちかを選ぶ、、なんてできない。

辛いけど、どっちつかずでは、
生活はうまくいくはずがなく、

「オレには関係ないよぉ、
勝手にやってくれよ。」

というわけには、いきません。

ほったらかしにしておけば、

ある日、
仕事を終えて家に帰ると、
誰もいないシーンとした
薄暗いリビングに、

一枚の紙に、
「実家に帰ります。」

そうやって、
妻が実家に帰るだけじゃなく、
離婚。。

となる可能性は大いにあります。

嫁姑の関係について、
ぼくの答えです。

『妻の味方につく。』

これに尽きます。

気をつけることは、
・妻に仲良くすることを求めない。
・お互いの家族のことは、
それぞれ対応する
・妻の話を聞く
・自分の両親へフォローを怠らない

妻の気持ちを理解しながら、
実の親にはフォローする。

嫁姑のどちらが正しいか
間違ってるか?

これは誰にもわかりませんが、

家庭を持つ父親として、
奥さんと子どもを一番に考える
必要があると思ってます。

もちろん親へ育ててくれた
感謝の気持ちも忘れてはいけませんが。

なにはともあれ、
家族で笑って過ごせるのが、
一番ですね。

 

広告を非表示にする