読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサー共働き家族(父)と2歳の子育て伸び伸びブログ

旅行、アウトドア、サーフィン、クルマ、アップル製品、占いなど、ミーハーな宮(きゅう)さんが日々感じたことを綴っていきます。

子どもと公園へ出かける役立ち7つ道具

 

本日のテーマは、公園遊びのお出かけでストレスなく遊ぶをテーマにお話しします。

近所の小さな公園で遊ぶなら手ぶらで出けても、とくに問題ありません。

しかし遊具がたくさんある
おおきな公園、

広い敷地で、
そり遊びをしたり、動物がいたり、

1日では遊びきれない、
大きな公園を満喫して、

しかも親はできるだけ
ストレスなく快適に過ごすには
どうしたら良いか?

たとえば、手ぶらでフラッと
大きな公園にいくとします。

そり遊びしようとすると、
無料で使えるそりは、
順番待ちで行列ができています。

そりで滑るときは子供も笑顔ですが、

順番待ちの間は、
「やだー、やだー、
はやくソリやりたいーー!!」

と子どもは飽きてきて、
退屈になってきます。

納得いくまで遊べず、
少し休憩しようと、座って休める
ベンチをさがすと、

他の家族が座っていて、
なかなか空きません。

ベンチに座っていない、
ほかの家族はどうしてるかというと?

レジャーシートやテントを広げて、
お弁当食べたり、寝ころんだりして、
休んでいます。

「なるほど、どこかでレジャーシート売ってないかな??」

現地で買うと、
高い値段で買うことになります。
やめたほうがイイです。

公園へ一日お出かけするときに、
準備しておきたい、役立つ7つの道具、

それとリサーチしておきたい情報を紹介します。

■レジャーシート
定番ですが、お弁当食べるときや休憩の際に便利です。
ボクの子供時代とガラリと変わって、
シートのバリエーションも増えていて、
幅広サイズ、厚手、防水など機能面も、
デザイン面もおしゃれなものがたくさんあります。

■テント
これは重宝します。
レジャーシート代わりにもなりますし、
テントの中で着替えができたり、見えない場所に荷物も置けます。

夏は日よけにもなるので、キャンプ以外にも大活躍です。

■クーラーボックス
冷たいままの飲みものやお弁当など、家から持ち込みには必須です。

■ソリ
これはソリスキーができる公園には、
ぜひ持って行って欲しい1つです。

公園で無料貸出しのソリはありますが、無料のものを使って待っているよりは、

自分のソリを持っていくのが、待たずに滑れるので無駄なく時間が使えます。

公園の近くに住んでる子連れの家族では、自転車にソリを結びつけて、移動してる人もいましたよ。

■お弁当
外のだだっ広い原っぱで、レジャーシートの上で、家族みんなでオニギリやサンドイッチ食べるのって、どうして美味しいんでしょう!?理屈なしでウマイと思いません?!

役立ちグッズ??という感じですが。

■カッパ
雨が降っても降らなくても、持参したほうが、急な雨にも対応出来るので、子どもが雨に濡れて風邪引くというのは防げます。


■カサ
大人用として1本は、持って行きたいですね。

ここまでの荷物を全部まとめると、
電車移動は、キツイですね。汗

子どもが小さいうちは、
クルマ移動が楽ですね。


■調べておきたい情報
・天気予報
ヤフーの天気予報アプリで、
雨雲情報までみれます。

出かける前日に、
一度チェックしたいですね。

・公園までの道順
クルマで出かけるときは、
ナビがあるから問題ありませんが、

Googleマップで、一度調べておくと、
道を間違えるのを防ぐ確率は高いです。

家族からのひんしゅくを、
受けることも減らせますよ。

・駐車場
週末は混雑するので、
公園の駐車場もしくは、
近くの駐車場を調べておいて
損はありません。

もしくは、朝早く出かけて、
駐車場が、空いたら一番乗りでクルマを
停めるかですね。

・コンビニ
公園へ向かう途中の道のりで、
トイレ休憩や、お菓子買ったり、

行きたいときにコンビニって
見つからないものです。

GW、夏休みなどお出かけシーズンには、調べておくと、役立ちます。

■■関東オススメの公園

お金をあまりかけずに、
外で思いっきり遊べて、動物と触れ合ったりできる。

■こどもの国
広い敷地に遊具があり、列車に乗れたり、雪印の牧場も併設されてるので、モルモットやウサギと、触れ合えます。

■ソレイユの丘
夏はじゃぶじゃぶ池で水遊び、キャンプ、犬やウサギ、カピバラやカンガルーと大満足の公園です。

他にも、行ってみて良かった公園は、
このブログで紹介していきます。


役だにアイテム紹介しましたが、
何も用意せず、公園へ行ってみると、

紹介したアイテムが、役立つか、
実感できると思いますよ。