【亭主論】アラサー共働き家族(父)と2歳の子育て伸び伸びブログ

家族・子供・ガレージ・旅行、アウトドア、サーフィン、クルマ、アップル製品、占いなど、ミーハーな宮(きゅう)さんが日々感じたことを綴っていきます。

父親が育児しながら趣味の時間をつくるには?

今日は育児をしながら、趣味の時間をつくるをテーマにお話ます。

 

独身時代は、

 

昼間は仕事して、仕事が終わったら、
駅前の居酒屋で合コンして、

 

週末は好きなアーティストの
コンサートに行って、

 

仕事以外の時間は、
自分の好きなことを好きなだけ、
やることができた。

 

家族で過ごすのが、
1番のストレス解消の時間で、
1人で過ごすのはツマラナイ。

 

という場合は
ここから先は読む必要ありません。

 

育児しながら、
自分の時間が持ててないと
不満が少しでもある男性、

 

この先を読んで
実践してほしいです。

 

職場で仕事して、家では育児して、
そんな時間なんて取れないよ。汗

 

諦めることはありません。

 

限られた時間のなかで、
趣味を楽しむことはできます。

 

まず趣味の時間が、家の中でできるか?
外もしくは専用の場所でしかできないか?

 

このポイントによって、時間の確保しかたが違ってきます。

 

◾︎家の中の時間を確保するには?

家の中でできる趣味なら、
比較的時間を作るのはカンタンです。

 

・朝の時間を使う

帰宅して夜の時間をつかって
趣味の時間をつくろうとすると、

 

子供が起きていたら、
邪魔が入りますし、

 

奥さんからは小言をいわれる。
「また、そんなのにムダなお金使って。。」

 

テレビに出てた、ガレージ住まいの
憧れのカッコいいオジサンが、
言ってました。

 

「人間、ムダがあるから楽しいんだ!」

 

人の価値観なんて、それぞれです。


他人から見たら、ガラクタでも自分にとっては、宝物なんです。

 

子供からチャチャが入り、奥さんから小言をいわれながら、趣味の時間なんて過ごせません。

 

それなら子供の寝かせつけで、
8〜9時頃に布団に入る。

 

そして朝4時に起きて、
趣味の時間、やりたいことをすれば、

 

家族は寝静まってるので、
誰からも邪魔されない。


自由な時間になりますよね?

 

ボクは朝4時に起きて、
半年かけて朝型生活を身につけました。

 

週末は少し遅く6時に
起きたりしますが、

 

まだ家族は寝てるので、
趣味の時間を使うことができます。


◾︎外もしくはイベントに参加するには?
休日は、子供と出掛けるイベントで慌ただしく過ぎていきます。

 

慌ただしく過ぎる休日の中で、

自分がやりたいこと、


趣味の時間を確保するために、
どうすればいいか?


・前倒しで予定を確保する
参加したいイベントを前もって調べる。

 

半年くらい前から、
奥さんに伝えておけば、
本気度合いも伝わります。

 

・子供と遊ぶ予定を入れる
趣味だけでなく、
子供と遊ぶ時間も積極的につくります。

 

週末どこに遊びにいくか?


プランを立てることから、
予約まで率先してできればなお良いです。
(ボクはそこまでできてません。汗
予約は妻に任せっきりです。。)

 

・奥さんの時間を作る
自分の時間だけ作るのではなく、奥さんの時間も自由にしてあげましょう。

 

「今週はボクが子供見てるから、どこか買い物出かけてきてイイよ!」

 

このながれで、

「来週はボルダリングのイベントあるんだけど、行ってきていいかな??」

 

と会話の流れで、
自分の時間も得られます。


育児しながら、1人の時間が欲しいけど何を趣味にしたらいいか分からない。

 

自分がやりたいこと、趣味の見つけかたについては、また別の記事で紹介していきたいと思います。

 

 

自分の時間も、
奥さんの時間も尊重して
お互いの時間を作ることで、

 

笑顔の絶えない家庭、
家族みんなで一緒に夕食を食べながら、
楽しく過ごすことができます。

 

自分の時間が持てないと、
1人で悶々とした気持ちでいると、
ストレスが溜まる一方です。

 

子供と一緒に過ごせる時間は
あっという間です。

 

小学校の高学年くらいになると、
家族と遊ぶより、友達と遊ぶ!
となってしまう。

 

中学生になったら、
ますます子供は一緒に出かけてくれなくなる。

 

一緒に遊べるのは、
小学校上がる前くらいでしょうか。

子供と過ごす時間は戻ってはきません。

 

自分の時間、奥さんの時間、子供と過ごす時間のバランスをとって生活してみると、ストレスなく過ごせるはずです。

 

ぜひ今日紹介した方法を取り入れて、

 

自分の時間も大事に

過ごしてみてください。