【亭主論】アラサー共働き家族(父)と2歳の子育て伸び伸びブログ

家族・子供・ガレージ・旅行、アウトドア、サーフィン、クルマ、アップル製品、占いなど、ミーハーな宮(きゅう)さんが日々感じたことを綴っていきます。

親知らずを抜いて、健康が一番だと実感しました。

健康でいれるのってスゴイこと。当たり前すぎて、日々の忙しさによって忘れてしまう。

親知らずが、横にはえてて虫歯のリスクもあるので、はやいうちに抜歯したほうが良いと、歯科医の先生にいわれていた。

痛いのがイヤで、忙しいと理由をつけて3年越しにようやく抜歯した。

先週の話ですが歯科医の先生から、「歯が横になっているので、抜くときに骨を削るのでしばらく腫れると思うので、覚悟しておいてください!!」

これを聞いてげんなりだったが、いつまでも伸ばしてても良くない!やろうと決めた。

所要時間は1時間ほどだが、その際に助手さんが、これでもかとばかりに口を開くのが痛くてたまらない。。奥の歯を抜くので、視界を確保するためにしかたないんだろうけど、尋常じゃなかった。

歯を抜くより、口を引っ張られるほうが痛かったんじゃないだろうか。

無事に親知らずを抜いたのはいいんですが、そのあとの3日間がツラかった。なにせ頰っぺたが腫れるのが普通じゃない。現代のコブとりジイさんじゃないか。

一生このままだったらどうしよう。そんな不安と格闘しながら、ベットに横になりながら、スマホで「親知らず 腫れ」で検索してみたら、握りこぶしくらい、腫れることもあるそう。。げっ、、

健康でいれるのって、ホントありがたい、

昔のCMで「芸能人は歯が命」ってセリフあったけど、「一般人も歯は命」!」

歯が痛くなると、精神的にも落ち込むので、少なからず仕事に支障きたします。

なので、歯石除去など定期的に歯医者へいくことをオススメします。