【亭主論】アラサー共働き家族(父)と2歳の子育て伸び伸びブログ

家族・子供・ガレージ・旅行、アウトドア、サーフィン、クルマ、アップル製品、占いなど、ミーハーな宮(きゅう)さんが日々感じたことを綴っていきます。

おかサーファーへ朗報!海のない街でサーフィンが・・ ワイルドブルーヨコハマの再来!?

2020年の東京オリンピック・パラリンピックに、サーフィンが追加種目に入るか検討されているそうで。

 

一般の認知度が上がるのは嬉しいような、ひっそりとやりたいような。

でもおかサーファにとって、海に行かないでできるんだったら、
ちょっと手に届きやすくなるんじゃないか。

 

人口波プールだったらサメの心配もないし。

 

海を感じることはできないかもしれないが、、

 そんなサーフィン業界では、


ここ数年世界的に「海のない土地」でも
サーフィンを楽しむための人工波発生装置を擁する
ウェイブプールの建設が盛んになっている。

 

かつては、
宮崎県のシーガイアや神奈川県の
ワイルドブルーヨコハマなんかが、

 

人口波サーフィンの施設では知られた存在で
あったが、今はすべて閉鎖。

 

東武スーパープールは現在も残っているが、
現在サーフィン用にはウェイブプールは
今は公開されていないようです。

 

 そんな中、日本独自の人工波発生装置を使用したウェイブプールが神戸に登場することになるかもしれないと話題になっている。 プロジェクトを発表したのは神戸市内の「みのたにグリーンスポーツホテル」。プロジェクトの概要では施設の名は「神戸人工サーフィン施設kobe-reyes-」とされ、縦100m×横60mのサーフィン場を含む3000坪という規模のものだという。開始の時期は平成27年内に仮オープン、平成28年4月にオープンを予定しており、主に初心者層をターゲットにしている。

 

 hbol.jpより転載

 

ドバイの大富豪向けにウェイブプールができて話題になたり、スペインやイギリスなどヨーロッパでいくつも施設ができて注目されてるみたいですよ。

 

天気悪いけど、
あぁサーフィン行きたい。