【亭主論】アラフォー共働きオヤジの育児と趣味のブログ

家族・子供・ガレージ・旅行、アウトドア、サーフィン、クルマ、アップル製品、占いなど、ミーハーな宮(きゅう)さんが日々感じたことを綴っていきます。

【マル得】引っ越し業者選び。比較サイトと相見積りでグンと安く。

引っ越しの費用って、

相場はあってないようなもの。
 
忙しくても、
相見積はゼッタイやったほうがいい。
 
なぜなら、
数万円はお得に引っ越しできるから。
 
簡単な方法は2ステップ。
 
①引越し見積一括サイトで申込む
②2~3社ピックアップし、
 見積もりに来てもらう
 
やるのはこれだけ。
 
ポイントは、
見積の日程を3社ともに、
同じ日で、近い時間に来てもらうこと。
 
 
よくあることらしいが、
1社目のヒトと話していて、
 
業者1「じゃ金額は⚪︎⚪︎円になりますねー!
   段ボール引き取りにくると
   プラス1000円かかります!」
 
玄関から、
「ピンポーン」とチャイムの音が聞こえる。
 
すると業者1さんの顔色が変わる。。
 
業者2「どうも、おはようございます!!
    引越しの見積もりにまいりした!⚪︎⚪︎です。」
 
ぼく「ちょっと待ってくださいね!」
 
業者1「別の業者さんですか?」
 
ぼく「はい、そうなんです。
   ちょっと早めに終わらせてもらっていいです?」
 
電卓をはじいて、、
 
業者1「それじゃ、今決めてもらって契約書にサインもらえたら
    この金額まで下げますけど、お願いできませんか!?」
 
ぼく「んー。。でも別の業者さんにもきてもらってるし、、」
 
業者1「なんとか決めてもらって、
    今きてる業者さんには帰ってもらえませんかねぇ。」
 
ぼく「わかりました。それじゃサインします。」
 
(値下げしてくれたのは嬉しい。でも玄関で待たせてる
 業者さんに帰ってくださいって言いずらいな、、汗)
 
しょうがなく、玄関へ向かいドアをあけて、
ぼく「あのーすみません。せっかっく来てもらって
   申しわけないんですが、今引越しの業者さん決めちゃったので、
   なかったことにしてもらえませんか。」
 
なんとかなだめて納得してもらって、
2番目にきた業者さんには帰ってもらうことに
成功する。

 

ある。
ほぼ確実に値段は下がると思いますよ。
 
値段あってないようなものなんだなと感じました。
 
使った引越し比較サイトはこちらです。