【亭主論】アラフォー共働きオヤジの育児と趣味のブログ

家族・子供・ガレージ・旅行、アウトドア、サーフィン、クルマ、アップル製品、占いなど、ミーハーな宮(きゅう)さんが日々感じたことを綴っていきます。

育児の合間の癒し

おはようございます。きゅうさんです。

 

今日は、育児で疲れた気持ちを、

和らげてくれる癒しをご紹介します。

 

 はなこのブログ

http://www.hanako-no-blog.com/entry/2015/08/10/170232

 

はなこのブログ 約4コマブログ

http://www.hanako-no-4coma.com/

 

子どもが産まれるまで、

まったく興味がわきませんでしたが、

 

産まれてから、

育児やるようになってから、

共感できることが多いです。

 

ウチだけじゃないんだなぁと、

勝手に仲間意識が芽生えたりと、

 

育児ブログの更新を

密かに楽しみにしている、

隠れファンのぼくです。

 

「育児に疲れた、、」

 

「どうしてウチだけ、

こんなに大変なんだ、、」

 

逃げ出したい気持ちになる前に、

ぜひ読んでみることをオススメします。

 

それじゃまた。

 

 

入力不要のタイピング術

おはようございます。きゅうさんです。

 

今日はタイピングの入力がいらない

文字起こしの方法をご紹介します。

 

セミナーに参加した際に、

内容をまとめたいとき、

 

インタビューしたときに、

会話の内容をテキストにしたいとき。

(日常ではインタビューをする機会は、

   少ないとは思いますが、)

 

タイピングって手間ですよね?

 

録音した音声聞きながら、

パソコンに向かって、パチパチと

キーボードを入力して、

 

もう一度聞き直して、と、

 

面倒な作業なので、

おっくうになります。

 

そして後回しにして、

やらずじまい。。

なんてことも多々あります。

 

そこでカンタンに、

かつタイピングせず、

音声をテキスト化する方法があります。

 

こちらの記事

https://togetter.com/li/1158214

 

音声聞きながら、聞いた内容をそのまま

喋って、iPadに音声入力する。

 

これだけです。

目からウロコが落ちません??

 

スゴくカンタンだけど、

短時間でカンタンにできます。

特別なスキルやソフトは必要なし。

 

文字起こしの際は、

ぜひ試してみることをオススメします。

 

それじゃまた。

ファミリー集客

おはようございます。きゅうさんです。

 

今日は集客についての学びを

お話しします。

 

 

煽り(あおり)運転に対抗する武器

おはようございます。きゅうさんです。

今日は、煽り運転に対抗するをテーマにお話します。

ご存知のかたがほとんどかもしれませんが、
東名高速道路で起こった事故。

高速道路のSAでのように車を停めていて、
それを注意され逆上して、

すぐに猛スピードで車をつけ、1キロ以上
煽り運転を続けたあげく、

追い越し車線で車を停められ、
夫婦が無理やり車外へ出されて、
後続のトラックにひかれる。

といういたましい事故がありました。

ご冥福をお祈りします。

車を運転するときに煽られた
経験ありますか?

ぼくも経験はありますが、
とても怖いと感じます。

それが家族連れだったら、
なおのことです。
家族にもしものことがあったらどうしよう、、

それでも車に乗る必要がある。

子供を保育園へ送って行ったり、

旅行に出かける際に車を使ったり、

車を乗るシーンがでてきます。

何もしていなくても
勝手に怒りをかって煽り運転
される可能性は、誰にでもある。

そんなときどうすれば良いか?
対処法を知っておくべきです。

まずは危なそうな車には近づかない。

車の見た目がヤンチャな雰囲気してたり、

フラついている車、
(これは別の意味で危ないです)

危険がある車には近づかないこと。

ステッカーを貼る。

良識がある人には
赤ちゃんが乗ってます」のステッカーを
貼るのは、

効果はあると考えられます。

素直に道を譲る。

もし煽られたり、車を寄せられたりしたら、
素直に道を譲る。

素直に道を譲りましょう。
これで「負けた」と感じたり
しないこと。

そもそも勝ち負けなんてありません。
何事もなく安全に目的地に行くことが
運転でいちばん大事なことです。


ここまでは、これまでの煽り運転
対抗できる正攻法だと思いますが、
追い越し車線で無理やり車を停められる。
という事案は、これまでの考えだけでは
対抗できません。

ドライブレコーダーで録画する

あおり運転にも対応できるような
ドライブレコーダーも発売されるようです。
後方に取り付けタイプもあります。

clicccar.com

揉め事があったときに、
自分と家族を守るための
最大の武器です。

相手を訴えるため、
映像として証拠を残すためには、
必要な投資かと。

追い越し車線ではなく、
路肩に寄せて車を停める

追い越し車線で万が一止められてしまっては、
後続車からの追突の可能性が高く、
とても危険です。

しかも高速道路ならなおさらです。

路肩によせて、車を停めて、
ハザードランプをつけましょう。

車のドアをロックさせていることを確認し、
何があっても絶対にドアを開けてはいけません。

すぐに警察に通報しましょう。

煽り運転の相手が車から降りてきて、
こちらの車から降りるように言われても
絶対に降りてはいけません。

目を合わさずひたすら警察がくるのを
待ちましょう。

車を蹴られたりするかもしれませんが、
保険にはいっていれば何とかなります。

窓ガラスもそう簡単に割れないよう
頑丈に作られているそうです。

車よりも、身の安全のほうが大事です。

怖くても絶対に、
車は開けてはいけません。

生きづらい世のなかに、
なってきたなぁと、感じる次第ですが、
家族を守るためにできることは、

もしものことがあってからでは遅いです。

準備はしたとしても、
危険なところには近づかない。
これが重要な心得かと思います。

すぐにできることは、
やってしまいましょう。

こういってるぼくも、
これからドライブレコーダーを取り付けに
車ディーラーへ出かけてきます。

それじゃまた。

 

f:id:hammock01:20171015080945j:plain

究極の遊び人

おはようございます。きゅうさんです。

 

今日は育児しながらの遊びについて、

お話しします。

 

会社ではコキ使われて、

家では子供の世話しながら、

自分の時間などまともになく、

 

通勤時間に電車に揺られて、

乗ってるのが唯一の1人の時間。

 

夜になって、子どもを寝かせつけて、

ようやく自分の時間がとれる。

 

冷凍庫にキンキンに冷やしたビールと、

酒のアテをつまみながら、

 

海外ドラマをひたすら見よう!

 

頭のなかの考えとは違い、

カラダは言うこと聞いてくれません。

 

子どもを寝かせつけていたら、

自分も寝オチして、

 

気づいたら、朝だった。

 

ということかシバシバある。

 

だから、休日は寝だめしよう。

ソファに寝転んで、何もしない。

一日中パジャマを着て、

グータラ過ごす。

 

寝だめすれば、

次の週の仕事がはかどるか?

 

全く関係ありません。

 

それなら、どうすれば良いか?

 

とにかく遊ぶこと。

 

週末は予定を立てておいて、

引きこもってないで、出かける!

 

大富豪や成功者は、

仕事も遊びも全力です。

 

「エッ、妻の目があるし、

   自分だけで遊びに行くなんて、

   言えません。。」

 

大丈夫です。

段取りしとけば遊びに行けます!

 

具体的には?

 

・前もって計画しておく

 

・妻の1人の時間をとってもらう

 

・家族みんなで遊ぶ

 

本気でやりたいと思えば、

できるはず。

 

それじゃまた。

 

 

 

 

 

趣味を諦めることもないし、

 

孫より可愛いヒト

おはようございます。きゅうさんです。

 

僕の好きなテレビ番組に、

『家ついて行っていいですか?』

という番組があります。

 

この番組が好きなのは、
ヒトの本音がきける番組だからです。


終電過ぎた駅で、家に帰れなくなったヒトに
「タクシー代だすので、
 家ついていっていいですか?」

 

答えがOKなら、

 

タクシーで家まで一緒に向かい、
その人のことについて話を聞く。

 

シシラフじゃなくて、
お酒を飲んでほろ酔いで
(もしくはベロベロ)


口がかるくなっていて、

 

さらに、
自分が落ちつける
スペースがある自宅。

 

普段聞けないような秘密の話まで
テレビで観れる。

 

ある回で、

スナック経営してるオジサンの
家についていったときの一言が
強く印象に残っています。

 

そのオジサンは娘さんと、
孫と一緒に住んでいて、

 

孫に一言
「俺はお前達が愛してるが、
 一番愛してるのは娘だ。わるいな。
 (娘:孫のお母さんのこと)」

(こんなニュアンスです。
 言い回しは若干違っていると
 思います。)

 

とても印象的でした。

 

いちばん可愛いのは、

自分の子どもだ!

と堂々とした言いかたで、

ぼくも共感できました。

 

孫は愛してるのは

 

それより愛してるのは我が子。

 

いちばん愛してるのは、

妻でありたい。

 

つくられたテレビ番組より、

ドキュメンタリーのような、

ガチンコの番組のほうが、

心を打たれるようになり、

 

歳とったなぁと、しみじみ感じます。

 

それじゃまた。

買い物できないダメ夫

おはようございます。きゅうさんです。

奥さんから買い出しを
頼まれたことありますか?

妻「今日は野菜がないから、
  仕事帰りに駅前のヨーカドーで
  キャベツ買ってきて!!」

夫「オッケー、買って帰るねぇ。」

という出勤前のありふれた夫婦の会話です。

買い物なんて、いつもやってるから
問題なくできるよ。

「子どもの初めてのおつかい」
じゃないんだから。

と思うかもしれませんが、
インターネットで調べてみると、
夫へ買い物頼むことへの、
奥様方の不満が多数書き込まれていました。

・『キャベツを頼んだのに、レタスを買ってきやがった。』

・『頼んだ牛乳は産地にこだわった値段が割高な牛乳だった。怒』

などなど

掲示板が荒れており、
世の中の旦那さんがいかに大変か、
それと、どの家も同じ境遇なんだなと
実感しました。

ウチだけが大変なわけじゃないと、
ホッと安心することも出来ました。

しかし、買い物一つだって上手くこなしたい。
(文句を言われたくない)

そのためにはどうすれば良いか?

1、品物、金額を細かく聞いてメモしておく

何をどれくらい、いくらで
買ってきたほしいか明確に
聞いておきましょう。

また、忘れないようにメモもしくは
スマホに入力しておきましょう。

買ってほしい商品が、決まっているなら、
スマホに写真を送ってもらいましょう。
さすがに写真と同じものを買い間違えることはありません。

2、妻に電話して聞く
買い物のリストが分からない場合、
もしくは品切れ、値段など、
分からないことがあれば、
電話して妻に聞くのが確実な方法です。

ただ、電話するタイミングはよく考えて。

育児中だと、入浴中など、電話に出れないタイミングが
多々あるので、

妻「そんなことで電話してこないで!怒」

と怒らせてしまう可能性があります。

日常的にどんなサイクルで生活しているかも
意識して把握するようにしておくと、尚良いです。

オトコとしては、
(頼まれやってるのに、そこまで考えなくてもいいでしょー)
こう思う気持ちを抑えて、

夫婦間でも、細やかな気遣いって大事です。

付き合ってる時だと、
普通にやってることだったりします。
(釣った魚にも餌はあげましょう。)


3、一緒に買い物に行く
休日一緒に買い物に行くことで、
普段はどんなモノを買っているのか?
また、どのくらいの値段なのかを
情報を知っておくと、

買い物を頼まれたときに役立ちます。

それに一緒に買い物にいくことで、
コミュニケーションの時間にもなります。

 

買い物を頼まれたときは、

ぜひ参考にしてください。

 

また率先して買い物を引き受けると、

奥さんも喜んでくれるはずです。

 

それではまた。

 

f:id:hammock01:20171010083344j:plain